So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

先代鳴戸親方夫人騒動は母親と遺品裁判がドロ沼化し稀勢の里も場所に集中できない [スポーツ]

9月場所も近づき、横綱稀勢の里の怪我の他に気になることがあるようです。
先代鳴戸親方の夫人と母親が遺品をめぐってドロ沼裁判になっているというのです。

今年4月に千葉地裁に提訴され、仙台鳴戸親方の故郷青森に移送されて、裁判は続いています。

まだ決着がつかず、平行線のまま。

詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク



先代鳴戸親方夫人と母親の裁判


先代鳴戸親方は、2011年11月に急死しています。
先代鳴戸親方の遺品は、地元青森の実家にあり母親が管理保管していて、先代鳴戸親方夫人典子さんは、先代鳴戸親方がなくなり、遺品を巡って現在裁判が行われています。

遺品を松戸の旧鳴戸部屋で遺品展示したいと希望を出し、その所有権を求めて、夫人が提訴。
裁判は、青森地裁に移送されて3月に第一回口頭弁論が行われました。

母親は、所有権請求棄却を求める答弁書を提出しました。

母親は、

「息子(先代鳴戸親方)は故郷で記念品をファンにみせることを望んでいました」

と主張。

裁判は、まだ進展しておらず、弁護士からの連絡待ちだそうです。

スポンサーリンク



先代鳴戸親方夫人と稀勢の里


先代鳴戸親方の死後、隆の鶴(現在田子の浦親方)が継承しましたが、夫人の典子さんがおかみさんとして鳴戸部屋の実権を握っていました。

その理由が、

「夫人が隆の鶴(現在田子の浦親方)の幕内八枚目の力士では、鳴戸の名跡が泣く」

と譲ってくれなかったことでした。

お金も握られ、隆の鶴(現在田子の浦親方)は困っていたようです。

鳴戸部屋を継承するには、名跡が必要で部屋も消滅してしまいます。

おかみさんである先代鳴戸親方夫人典子さんに、鳴戸の名跡を借りていたので、名跡を譲ってくれるように、頼んだ隆の鶴。

そうすると、先代鳴戸親方夫人典子さんは、法外な額を要求してきました。
困り果てた隆の鶴(現在田子の浦親方)は、2012年に亡くなった元幕内「田子の浦」の名跡を取得すい、弟子を引き連れて鳴戸部屋を出ていってしまいました。

おかみさんである先代鳴戸親方夫人典子さんと縁を切り3年が経ちましたが、稀勢の里は未だに先代鳴戸親方のことを慕っているようです。

相撲に集中したいですが、裏でこのようなことが起きていると、裁判のことは気になっている様子。

遺品の所有権は、法律上は妻と子供にあるはずですが、どうして母親の元にあるのか?
名跡を巡って法外な額を要求したわけは?

先代鳴戸親方夫人典子さんに何かあるのでしょうか、、、

稀勢の里には頑張っていただきたいですね!

スポンサーリンク

コメント(0) 

カープ福井優也インスタ炎上し削除画像は主審に不満爆発でも2軍にならない? [スポーツ]




このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

カープの福井優也選手がインスタグラムで投稿した内容が炎上し削除され話題になっています。

福井優也選手は、インスタグラムに主審の判定に不満を投稿。
成績がイマイチだったのか?
何が問題だったのでしょうか?

カープ福井優也選手のインスタグラム画像と共にお伝えしていきます。

スポンサーリンク


カープ福井優也のインスタグラム炎上画像


カープ福井優也選手のインスタグラム画像が炎上したとはどのような内容だったのでしょうか?





♯画像がなかったのでこの画像になりました
♯特に深い意味はございません
♯ご了承ください
♯やるしかない

ハッシュタグで添えられている言葉が不満を増長させているととも。

カープ福井優也の主張とは?


カープ福井優也選手のインスタで言っている主審の違いは、

福井投手は11日の登板で、4回まで無失点の好投を続けていた。しかし、2点リードで迎えた5回、ツーアウトから突然崩れた。ヒットと四球で満塁とすると、4番・阿部慎之助選手の3点タイムリーで一挙に逆転された。

逆転打の後も悪い流れは止められず、四球を挟んで2本のタイムリーを浴びてKO。福井投手は4回3分の2を6失点で、今季3敗目(1勝)を喫した。降板後はグラブをベンチに叩きつけ、悔しさを露わにした。

その後、福井投手は13日にインスタグラムを更新。KO負けを喫した登板について、主審の判定に疑問を呈するような一枚の写真を公開した。

写真は11日の試合中継をキャプチャーしたもので、福井投手が投じた一球がキャッチャーミットに吸い込まれる、まさにその瞬間が映っている。ボールはホームベース上、打者の膝上近くを通っているように見える。

しかし、実際の試合での判定はボールだった。

これは、福井投手が逆転打を喫する前の5回ツーアウト1、2塁、カウントは2ストライク2ボールの場面での一球。もし、この球がストライクと判定されていれば、福井投手は無失点でこの回を切り抜けていたことになる。

スポンサーリンク


カープ福井優也のインスタにネットは炎上


カープ福井優也選手のインスタが炎上し、ネットでは「女々しい」と批判的なコメントが相次いました。










インスタを投稿したが、カープの首脳陣は、二軍には落とさないといっているので、まだまだ成長段階というところでしょうか。


スポンサーリンク

コメント(0) 

神取忍は男みたいに天龍と対戦ボコボコ動画!しくじり先生で議員時代の失言と税金ドロボー [スポーツ]

今夜放送の「しくじり先生」に元参議院議員で女子プロレスラーの神取忍さんが登場し、議員時代のしくじりをお話しします。
現在は女子プロレスラーとして試合に出ていますが、神取忍さんと言えば、天龍源一郎さんとの試合でボコボコされた経験があり、その動画の男と女の戦いは今でも語り継がれています。

神取忍さんの男説や「Mr.女子プロレスラー」と呼ばれる訳についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


神取忍は男で性同一障害?


神取忍さんが男ではないかという噂があるんですよね。

こんなYahoo知恵袋にこんな投稿がありました。

神取忍さんは性同一性障害でしょうか? また、男性ホルモン注射とかやっていますか? 一応女性をして表舞台に出ていますが、 洋服のボタンの掛け位置とか見ても 常に男性用をいまでも常に着ていますし、 また、昔からスカート履くことにためらっているように見えます。 それとあの眼の色は人格的にも完全に男性(しかもヤンキー系)寄り ですし、首の太さなど女性ではありえないバランスです。 そして筋肉の付き具合、箇所などからして、男性ホルモン剤を 注射or飲んでるとしか見えません。 恋愛対象はわかりませんが、たぶん女性か無性愛でしょう。


確かに筋肉の付き具合は、男みたいですがプロレスラーという仕事から筋肉を付けることが必要山車、筋肉が付くと、男性ホルモンが多くなるようです。

男みたいな出で立ちだし、スポーツやっている人は、男みたいになっちゃうんでしょうね。

なので、「Mr.女子プロレスラー」というあだ名がついたようですね。

性別は女ですが、男と女の対決で「Mr.プロレス」と呼ばれる天龍源一郎さんとの対戦は、今でも語り継がれています。

スポンサーリンク


神取忍がジャッキー佐藤と対戦しボコボコにする


天龍源一郎さんとの対戦は、当初無謀だといわれてきました。

「Mr.女子プロレスラー」と呼ばれている神取忍さんでも男相手では無理があると思われていました。

神取忍さんは、1987年に先輩レスラーをボコボコにしたことありました。
ジャッキー佐藤さんと試合です。

ジャッキーさんは、「ビューティ・ペア」として女子プロレスを巻き起こした人で、デビュー2年目の神取忍さんと試合をしました。

神取忍さんは、顔面目掛けてパンチを連打し、ジャッキーさんの顔を腫れ上がらせたのです。

神取忍さんは、柔道をやっていたので、関節技が効いて、完勝でした。


ここで神取忍さんの経歴をご紹介しましょう。

神取忍の経歴プロフィール



【神取忍のプロフィール】
生年月日:1964年10月30日(現在52歳)
出身地:神奈川県横浜市

15歳から始めた柔道で、1983年から
・全日本選抜柔道体重別選手権(66kg級)3連覇
・1984年世界柔道選手権大会3位
・1983年の第1回福岡国際女子柔道選手権大会2位
・1985年第3回福岡国際3位

などの成績があります。

1986年に女子プロレス団体のジャパン女子プロレスに入団しました。


Mr.プロレス天龍源一郎との対戦動画


プロレスファンとしては、天龍源一郎さんとの対戦が記憶にあるようです。

男と女の対戦ということでとても注目された試合でした。
こちらが動画になります。




ここまでボコボコにされたら、見ているのもつらいですが、男の中の男と呼ばれても仕方がないくらい、強い!

そんな神取忍さんのしくじり先生をお見逃しなく!



スポンサーリンク


コメント(0) 

サニブラウンの父親の職業と母親は創価学会は関係ある?フロリダ大学進学し記録は伸びる? [スポーツ]

世界陸上2017が始まりました。
目玉となる競技は男子100M!
日本人選手のサニブラウン・アブデル・ハキーム登場して注目されています。

父親はガーナ、母親は日本人のハーフでフロリダ大学に進学するようです。

早速、サニブラウン選手のすごさを見ていきましょう。

スポンサーリンク


サニブラウンの経歴と高校・大学


世界陸上2017年では、今回の大会が最後の走りになるウサイン・ボルト選手に注目が集まっていますが、同じ100Mで日本人のサニブラウン選手も海外から経歴を教えてくれと日本のメディアに取材が来ているようです。

そんなサニブラウン選手ですが、父親はガーナ、母親は日本人のハーフです。

生年月日:1999年3月6日
出身地:福岡県(国籍日本)
身長:188cm
体重:79キロ

弟が一人います。

父親はサッカー選手、母親も陸上選手でハードルの種目で全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場した経験があり、幼少期はサッカーをやっていました。
小学3年生から陸上を始め、中学校、高校は城西大学附属城西中学校・高等学校で高校一年のときに、10秒45で優勝しています。

スポンサーリンク



サニブラウンの父親の職業


サニブラウ選手の父親サニグリーンさんはガーナ人です。

サッカー選手の経験があるおで、東京都内でスポーツバーを経営しています。


サニブラウンの母親は創価学会


サニブラウン選手の母親は、サニブラウン明子さんです。

母親の明子さんの勧めで、陸上に進んだサニブラウン選手。

小学3年生だったサニブラウン選手を東京お台場の公園に連れていき、母明子さんと旧知の中である元シドニーオリンピックの森長正樹さんと知り合いました。

「一緒に走ろう」と声をかけ、砂で山を作ったりそれを飛び越えたりして、走る、跳ぶことを楽しませてもらったようです。

それがきっかけで、サッカーと両立しながら、1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタ五輪男子1600メートルリレー代表の大森盛一さん(45)が監督を務めていたアスリートフォレストTCに入部しました。

陸上に興味は持ち始めたものの、やはりサッカーも忘れていませんでした。

子供のころは、疲れたら練習を辞めるときも会ったり、パンを食べながら練習したこともありました。

走ることが嫌いではありませんでしたが、「自分がやりたくないとやらない」という性格のため、自ら進んでやるようでした。

どこできっかけがあるかわかりませんね。

スポンサーリンク

コメント(0) 
スポーツ ブログトップ