So-net無料ブログ作成

斉藤由貴の医師の名前特定し画像と不倫相手の横浜クリニック病院も判明か?インタビュー動画 [芸能]




このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

週刊文春で女優の斉藤由貴さんが50代医師と手つなぎ画像が流出しています。

すでに不倫相手の医師の顔画像が特定し、横浜市内にあるクリニック病院の名前も判明しました。

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク


斉藤由貴がW不倫で手つなぎした医師の名前と顔画像


斉藤由貴さんが週刊文春にて、W不倫を報じられました。

斉藤由貴さんは、週4回借りているマンションにて往診してもらっているとコメントを発表しました。

50代の開業医で医師である一般男性。

・横浜市出身
・父親は横浜市内の中華学校を務めた校長
・クリニック開業
・アメリカ大学に留学
・大学病院に勤務
・英語が得意
・元町商店街の近くの自宅

斉藤由貴さんが借りているマンションは、A医師の自宅とは徒歩3分の距離です。

ネットではすでに特定されていて、斉藤由貴さんの手つなぎ医師のFacebookはこちらです。

Facebookから経歴を見てみると

勤務先: みなとクリニック 以前の勤務先: 湘南鎌倉総合病院 以前の勤務先: 横浜労災病院 以前の勤務先: Columbia Presbyterian Medical Center 出身校: 産業医科大学 明治学院高等学校に在学していました 明治学院高校に在学していました 横浜市在住 横浜市出身


文春のA医師の詳細とピッタリ一致します。


スポンサーリンク


斉藤由貴の主治医師の横浜クリニック病院も判明


斉藤由貴さんのW不倫相手のクリニックも判明しました。

http://www.minato6633.com/

斉藤由貴の医師の父は中華学校の校長


A医師の父親は、週刊文春によると中華学校の校長でした。

調べていくと、馬廣秀氏(元・横浜山手中華学校校長)と、康述英氏ご夫妻の長男とのこと。

 

斉藤由貴の不倫相手医師インタビュー動画


斉藤由貴さんとのW不倫を報じられたA医師が羽鳥慎一の「モーニングショー」でインタビュー動画が放送されました。

 

単独インタビューで、今回の報道について、
「こういうのが“文春砲”って言うの? なかなかへ~やるな~って感じですけれども」

 

横浜のクリニック病院以外で会っていたことについては、
「なにぶん今、斉藤由貴さんは再ブレークしているので、うちのクリニックの方にいらっしゃっていただきますと、他の患者さんの対応が難しくなってしまう。やはり、患者さんの背景に合わせて対応するのが医者の使命だと思っています」 「たまたま彼女の体調が回復して、お祝いみたいな形です」と特別な理由があったと説明。映画館を出た後、指と指を絡める“恋人つなぎ”をしながら歩いていたことについては、「(映画を見た斉藤が)ポロポロ泣きまして、アップ(上映が終了)した後でも、なかなか動いてもフラフラしてまして。映画館から1階まで階段なんですね、比較的、急で。その部分で、僕は手を支えて、その階段をおりていった」「男子たるもののマナーだと思ってます」

 

週刊文春に掲載された「手つなぎ画像」については、
「映画を約2時間近く見て、映画館から1階までが階段なんですね。比較的急で、(斉藤が)よろけたんですね。よろけていたので、ぼくは手を支えてその階段を下りていったというのが、実は事実です」

 

斉藤由貴さんも会見で、「好意があった」と発言していることから、やはり不倫だった?と思ってしまいますね。

どこまで真実なのかは、二人しかわかりませんね。

スポンサーリンク


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。